見る力を鍛えるためのルール

・鏡を使って見る力を鍛える。鏡に紙の絵を貼り、日光を反射させて天井に写す。それを子供に見せて目で追いかけさせる。

・子供は遠視なので、近くのものよりも遠くのものに目がいく。

・赤ちゃんに話をするときはしっかりと目を見て話す。

・目はトレーニグをすることによって鍛えられる。まずはどう見えているかではなく、ものが見えているかを考えてあげる。大体4ヶ月くらいでやっと両眼視ができるようになる。

・絵を描かせるときには最初は1色。実線がかけて3色でよい。あまり一度に多くの色を与えない。

・絵本などを使い、「どっちがいい?」という質問をする。その時理由は聞かない。まずは即答させるのが目的。慣れてきたら三者択一で「どれがいい?」といった質問にしていく。

・テレビを見た後は、外の景色をゆっくり見ることで目を休める。

・子供言葉は使わずに、親は普通の言葉を使うように心がける。

スポンサードリンク

OfficeFolders theme by template Themocracy